ご存知でしたか!?設計シーンに最適な穴精度を自由に指定頂けます。

今回は「精度穴を指定できる機能」をご紹介します。

通常は2D図面で精度穴指定し都度見積もりをされますよね。なんとmeviyなら精度穴を画面上で指定すると、価格納期も連動して確認ができ、そのまま図面レスでご購入いただけます。

 

精度穴指定機能
meviyでは精度穴を細かく指定できる精度穴指定機能があります。
「はめあい公差」「両側公差」「片側公差」の3つの穴径タイプから選択して指定できます。さらに「ストレート穴」、「長穴」両方の設定が可能です。

■精度穴指定機能 対象範囲


規格表
精度穴は、径により指定できる精度範囲と自動見積可能な有効深さが異なります。

■自動見積可能な精度範囲

■自動見積可能な有効深さ

以下の径で有効深さが H7 のときは、リーマで加工するため自動見積可能な有効深さが異なります。

 

meviyでの精度穴指定画面
精度穴指定をすると、穴に公差が表示されます。

 

利用シーン
サスペンションブロックや防振固定金具、位置決めプレートなど、さまざまな設計シーンで精度穴指定機能を利用できます。
(例)

 

精度穴の指定方法
実際のご利用方法を説明します。
まずmeviyに3D CADデータをアップロードしてパーツビュー画面を開きます。

 

精度穴を指定したい穴を直接ダブルクリックするか、ツリービューから対象の穴情報をダブルクリックしてください。穴情報指示画面が示されます。

<穴情報指示画面>

 

ここからは穴径公差タイプ別に手順を説明します。

 

はめあい公差
精度穴をはめあい公差にする場合は、
①穴径公差タイプを「はめあい公差」にして、公差選択で公差の種類を選択します。

②有効深さに指定がある場合は併せて選択します。

③表面粗さは、meviyでは穴精度指定の場合のみ表面粗さを指定いただけます。外形面などの表面に対しては指定できません。

更新ボタンを押して指定完了です。はめあい公差が指定されました。

 

両側公差
精度穴を両側公差にする場合は、
①穴径公差タイプを「両側公差」にして寸法公差を指定します。

②有効深さと③表面粗さについてははめあい公差と同様です。

更新ボタンを押して指定完了です。両側公差が指定されました。

 

片側公差
精度穴を片側公差にする場合は、
①穴径公差タイプを「片側公差」にして、上限と下限を指定します。

②有効深さと③表面粗さについてははめあい公差と同様です。

更新ボタンを押して指定完了です。片側公差が指定されました。

 

皆様からのアップロード、お待ちしております。

 

本件に関するご意見・お問合せはmeviyサポートへお願いします。
株式会社ミスミmeviyサポート 電話:0120-343-626
サポート受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く) 10:00~18:00

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

HOME
meviyとは?

MUST READS

【新連載!ダイセキのメカ設計道場】ピックアンドプレースユニットの設計をしてみよう-第1回 静力学的検討-
【FA】グローバル展開でも活用!
設計から出荷までのリードタイムを大幅削減 / ユニプレス株式会社
【FA】meviy1万人突破記念20%オフキャンペーン!板金・切削プレート全部品20%オフ

MAIN CATEGORIES

ARCHIVE