手配準備工数が大幅削減。
設計段階での見積取得が業務の効率化をサポート。
株式会社協越金型 様

blog_160419-2

「時間の自由度が広がり業務も効率的に」

 

 

■meviyを知ったきっかけは?

下田様 

当社では小型精密プラスチック部品の金型製作をメインに行っています。これまでミスミさんには、コアピンやエジェクタピンなどの標準品をカタログで発注したり、特注のブランクピンを発注したりしていました。そんな中で、ミスミさんの担当者からmeviyを紹介していただきました。初めて聞いた時は、3Dデータのまま見積ができるということに驚きました。また、その見積回答の速さも魅力に思いました。

■meviy利用前と利用開始後の変化は?

下田様 

今までは、金型設計完了後に、お客様からGOサインが出た時点で見積準備に着手していました。見積のために、2D図面の作成を行い、すべてのピンの2D図面を描き終えたら、FAXまたはデータを送って見積を依頼する。この一連の見積のためだけの2D図面作成は本当に面倒でした。図面作成は平均で1日、業者からの見積回答待ちで2~3日、もし見積後に仕様変更があった場合は再見積となって追加でもう1日。つまり見積だけで合計3日~4日かかっていましたが、meviyならほんの数分!見積取得のための2D図面作成の工数が無くなったのと、手配リードタイムが短縮されたのは本当に大きいです。

■meviyによる効果は?

下田様 

金型製作に際しては一度にたくさんのピンの見積が必要になるため、同時に何枚もの2D図面作成が必要でした。この間は他の作業がまったくできない時間です。ところがmeviyなら、3Dデータをアップロードするだけで見積が完了するので、今まで2D図面を作成していた時間がまるまる有効活用できるようになりました。この時間を、金型製作に必要な業務や他の業務に充てることができ、作業の効率アップが実現しました。時間の自由度が大きく広がりました。

 

kyoetsu02

営業・設計統括部長 下田政良様

 

「設計途中でも複数パターンの見積が簡単に取得できる」

■meviyの活用方法は?

下田様

 特注品の手配パターンの検討にmeviyを活用しています。製品部のみを社内加工するための特注ブランクピンで発注すべきか、あるいは全加工の特注品で発注すべきかで以前は判断に悩むことが多くありました。しかしmeviyなら、2D図面を作らずに3Dデータだけで複数パターンの見積が簡単に取得できます。設計の途中段階でも、正確な価格と納期の確認が可能となり、判断が行いやすくなりました。3Dデータのまま見積ができるのは、当社の設計スタイルにも合っているので、これからも積極的に使っていきたいですね。

 

kyoetsu03

他の事例

【お客様活用事例】株式会社菊池製作所 田村様
【お客様活用事例】株式会社谷ダイ・モールド 犬塚様

関連記事

3Dデータをmeviyがカタログ型番に変換、が好評です!
全加工のピンをお求めですか?社内加工用のブランクをお求めですか?
meviyを使ってエジェクタピンの配置図を作ってみよう
1つのボタンに複数の便利機能

 

会社情報

株式会社協越金型

2006年の設立以来、プラスチック金型の設計製作及び他社製作金型のメンテナンス業務を主体として展開。「徹底した品質管理」・「迅速かつ柔軟な対応力」をモットーに、お客様に感動を与える超一流のものづくりを目指している。

ピックアップ記事

HOME
meviyとは?

MUST READS

デジタル技術とFabの活用で生産準備を迅速化! トヨタ子会社「トヨタプロダクションエンジニアリング(TPEC)」Fabスペース探訪記
アスリート用義足の仮説検証に、チームで挑む。2020年に向けた義足製作プロジェクト【Xiborg編】
「つくる」のその先を考える 循環型ファブリケーションの実験場、慶應義塾大学SFCファブスペース探訪記

MAIN CATEGORIES

ARCHIVE