FA用メカニカル部品 精度規格 板金部品

3DViewer上で寸法・公差が表示されない部位に関しては、こちらの仕様で加工いたします。

許容寸法公差

No. 規格部位 基準寸法の区分 規格値※ 部位例
1 曲げ無し部 6以下 ±0.1 部位例
6を超え30以下 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5
400を超え1,000以下 ±0.8
1,000を超え2,000以下 ±1.2
2 曲げ加工部 6以下 ±0.3
6を超え30以下 ±0.5
30を超え120以下 ±0.8
120を超え400以下 ±1.2
400を超え1,000以下 ±2
1,000を超え2,000以下 ±3

※JIS B 0408の金属プレス加工品普通許容差の公差等級:B級を採用

※塗装をご指定された場合、生地状態での規格値となります。

穴加工仕様

皿穴

No 呼び径 M3 M4 M5 M6 M8 M10 部位例
1 皿穴径 基準寸法 6.5 8.6 10.6 12.6 16.8 21.4
最大値 6.9 9.0 11.1 13.3 17.8 22.4
2 下穴径 基準寸法 3.6 4.7 5.7 6.8 9.2 11.3
最大値 3.8 6.2 7.8 9.9 13.8 14.2
3 皿の厚み 基準寸法 1.5 2.0 2.5 2.9 3.8 5.1

バーリングタップ

No 規格部位 規格値 部位例
1 フランジの厚み 板厚 x 1/2 程度(参考値) 部位例
2 フランジの高さ 板厚程度(参考値)

曲げ加工仕様

No. 規格部位 規格値 部位例
1 曲げ角度公差 ±1.0° 部位例
2 内r 板厚程度(参考値)
3 外R 外R=板厚×2程度(参考値)

曲げによる膨らみ

規格値 部位例
右図箇所に、板厚の15%程度の膨らみ(コブ)が出来ます 部位例