FA用メカニカル部品 精度規格 切削プレート

指示なき加工寸法の普通許容差標準(JIS B 0405:1991/JIS B 0419:1991より抜粋)

原点を加工基準として以下の規格を適用します。

面取り部分を除く長さ寸法に対する許容差

[mm]

公差等級 基準寸法の区分
記号 説明 0.5以上
3以下
3を超え
6以下
6を超え
30以下
30を超え
120以下
120を超え
400以下
400を超え
500以下
m 中級 ±0.1 ±0.1 ±0.2 ±0.3 ±0.5 ±0.8

面取り部分の長さ寸法

[mm]

公差等級 基準寸法の区分
記号 説明 0.5以上
3以下
3を超え
6以下
6を超えるもの
C 粗級 ±0.4 ±1 ±2

角度寸法の許容差

[mm]

公差等級 対象とする角度の短い方の辺の長さの区分
記号 説明 10以下 10を超え
50以下
50を超え
120以下
120を超え
400以下
400を超えるもの
m 中級 ±1° ±30′ ±20′ ±10′ ±5′

直角度の普通公差

[mm]

公差等級 短い方の辺の呼び長さの区分
記号 100以下 100を超え
300以下
300を超え
1000以下
K 0.4 0.6 0.6

真直度及び平面度の普通公差

[mm]

公差等級 呼び長さの区分
記号 10以下 10を超え
30以下
30を超え
100以下
100を超え
300以下
300を超え
1000以下
K 0.05 0.1 0.2 0.4 0.6

代表面粗さ

代表面粗さはRa6.3(Rz25、▽▽)です。

角部・隅部

角部・隅部がピン角または0.5mm以下のモデルは、角部C0.1mm~0.5mm以下、隅部R0.5mm以下となります。

寸法公差

寸法公差を指定できます。指定できる公差の最小値(レンジ)は形状要素ごとに異なります。

形状要素と指定可能な公差の最小値(レンジ)

[mm]

形状要素①/形状要素② ブランク面 ポケット 精度穴・その他穴 精度長穴 ストレート穴(精度無)
タップ穴・皿穴・長穴
ブランク面 ※1 0.1 0.04 0.04 0.04 0.2
ポケット ※2
精度穴・その他穴
精度長穴
ストレート穴(精度無)
タップ穴・皿穴・長穴
  • ※1ブランク面
    外形寸法がとられている面

  • ※2ポケット
    ブランク面以外の切削面

グループ化された穴へ寸法公差を追加した場合

グループ化された穴とブランク面・ポケットに寸法公差を指定した場合、同軸上および同グループの穴にも適用されます。
以下のように「H-0001」に寸法公差を指定した場合、同軸上および同グループの「H-0002」にも寸法公差が適用されます。
※「H-0003」「H-0004」は同軸上でも同グループではないため適用されません

精度穴

ストレート穴は「穴径公差タイプ」を設定することで精度穴に変更することが出来ます。精度穴に変更すると、径に対しての精度と有効深さを指定することが出来ます。

指定可能な精度範囲

[mm]

精度範囲
以下 はめ合い公差
選択肢
両側公差
最小値
片側公差
最小値(レンジ)
3 H7
H8
H9
N7
P7
0.005 0.010
3 6 0.006 0.012
6 10 0.008 0.015
10 14 0.009 0.018
14 18 0.009 0.018
18 24 0.011 0.021
24 30 0.011 0.021
30 40 0.013 0.025
40 50 0.013 0.025
50 65 0.015 0.030
65 80 0.015 0.030
80 100 0.018 0.035
100 120 0.018 0.035
120 140 0.02 0.040
140 160 0.02 0.040
160 180 0.02 0.040
180 200 0.023 0.046
200 225 0.023 0.046
225 250 0.023 0.046
250 280 0.026 0.052
280 315 0.026 0.052
315 300 0.029 0.057

指定可能な有効深さ

[mm]

有効深さ
以下 最小 最大
3 0.1 モデル深さ ※
3 6
6 10
10 14
14 18
18 24
24 30
30 40
40 50
50 65
65 80
80 100
100 120
120 140
140 160
160 180
180 200
200 225
225 250
250 280
280 315
315 300

※止まり穴で「貫通不可」のとき、有効深さの最大は「モデル深さ-2.7mm」となります。

タップ穴

設計ガイドラインの「穴情報データベース」に従いタップ穴を自動認識します。meviyで認識可能なタップサイズと指定可能な有効深さは以下の通りです。

見積可能なサイズ

[mm]

M径 並目 細目
M2 0.4 0.25
M2.5 0.45 0.35
M3 0.5 0.35
M4 0.7 0.5
M5 0.8 0.5
M6 1 0.75
M7 1.25 1 0.75
M10 1.5 1.25 1 0.75
M12 1.75 1.5 1.25 1
M14 2 1.5 1.25 1
M16 2 1.5 1

指定可能な有効深さ

[mm]

M径 最小 最大
M2 ピッチ×2 モデル深さ ※
M2.5
M3
M4
M5
M6
M7
M10
M12
M14
M16

※止まり穴で「貫通不可」のとき、有効深さの最大は「モデル深さ-(ピッチ×2.5+2mm)」となります

一段穴

一段穴は上段・下段の穴タイプ・穴径公差タイプを自由に組み合わせることが出来ます。なおタップ穴・精度穴の精度・規格は前述の通りです。


上段 ストレート穴
(精度無)
ストレート穴
(精度無)
ストレート穴
(精度無)
精度穴 精度穴 精度穴 タップ穴 ※ タップ穴 ※
下段 ストレート穴
(精度無)
精度穴 タップ穴 ストレート穴
(精度無)
精度穴 タップ穴 ストレート穴
(精度無)
タップ下穴

※上段がタップ穴のとき、上段と下段の境目にはタップ穴の下穴加工に伴う円錐が発生する場合があります。

皿穴

皿深さから六角穴付き皿ボルト(JIS-B1194)の頭部が飛び出ないようにDを以下の値で加工します。d寸はモデル通り加工します。

Dの加工寸法

[mm]

呼径 d D
M3用 3を超え 4以下 7.8
M4用 4を超え 5以下 10
M5用 5を超え 6以下 12.2
M6用 6を超え 8以下 14.5
M8用 8を超え 10以下 19
M10用 10を超え 12以下 23.4
M12用 12を超え 16以下 27.9
M16用 16超 34.6

精度長穴

長穴は「穴径公差タイプ」を設定することで精度長穴に変更することが出来ます。精度長穴のピッチ方向には、以下の範囲で精度を指定することが可能です。
なお有効深さの公差は、ピッチ問わずモデル深さです。

指定可能な精度範囲

[mm]

ピッチ

精度範囲

以下 はめ合い公差
選択肢
両側公差
最小値
片側公差
最小値(レンジ)
3 H7
H8
H9
Js9
N9
0.005 0.010
3 6 0.006 0.012
6 10 0.008 0.015
10 14 0.009 0.018
14 18 0.009 0.018
18 24 0.011 0.021
24 30 0.011 0.021
30 40 0.013 0.025
40 50 0.013 0.025
50 65 0.015 0.030
65 80 0.015 0.030
80 100 0.018 0.035
100 120 0.018 0.035
120 140 0.02 0.040
140 160 0.02 0.040
160 180 0.02 0.040
180 200 0.023 0.046
200 225 0.023 0.046
225 250 0.023 0.046
250 280 0.026 0.052
280 315 0.026 0.052
315 300 0.029 0.057

3Dビューワーでの穴情報表記ルール

穴寸法表記は以下のルールに従います

ストレート穴

[mm]

貫通/非貫通

非貫通

貫通
精度 なし あり なし あり
イメージ
ビューワー表記 Φ4↧15 Φ4H7()↧15 Φ4 Φ4H7()

タップ穴

[mm]

貫通/非貫通

非貫通

貫通
並目/細目 並目 細目 並目 細目
イメージ
ビューワー表記 M10↧25 M10×1.25↧25 M10 M10×1.25

一段穴

[mm]

貫通/非貫通

非貫通

貫通
精度 なし なし
イメージ
ビューワー表記 凵Φ8↧3,
Φ4↧12
凵Φ8↧3,
Φ4

※上段・下段が精度穴・タップ穴だった場合↧の後ろの値は有効深さを表示します。

皿穴

[mm]

貫通/非貫通

非貫通

貫通
イメージ
ビューワー表記 Φ8.6,
Φ4.5↧5
Φ8.6,
Φ4.5

3Dビューワーでの小数点以下桁数字表示ルール

寸法値は、最終桁を四捨五入し以下の通り表示します。

寸法値

精度

ストレート穴径(精度無) 0.0
外形寸法・その他寸法(寸法公差など) 0.00
精度穴径 0.000
長穴幅 0.0000