meviy FAメカニカル部品 はじめてのmeviy操作ガイド 板金部品

操作手順

meviy FAメカニカル部品の板金部品サービス(以下板金部品)では、以下の手順で3Dデータによる見積もり・注文を行っていただけます。
各々の手順について詳しくご紹介いたします。

meviyの実行フロー

CADデータをアップロードする

CADデータをアップロードする

CADデータをアップロードする

3Dデータのファイルをドラッグ&ドロップして下さい。
ファイルフォーマットは以下に対応しています。

ネイティブフォーマット
Autodesk Inventor (.ipt), CATIA V5・V6 (.CATPart), Creo (.neu/.prt/.xpr), Pro/Engineer (.prt/.neu/.xpr), Siemens PLM-NX (.prt), SolidEdge (.par/.pwd), SOLIDWORKS (.sldprt), I-deas (.arc/.unv), iCAD SX (.icd)

中間フォーマット
STEP (.step/.stp), Parasolid (.x_t/.x_b/.xmt/.xmt_txt),
ACIS (.sat/.sab), JT (.jt), PRC (.prc)

プロジェクトビューを開く

サービスの選択

アップロード後に、見積もりサービスを選択します。
板金部品を見積もる場合は、「板金部品」を選択します。

プロジェクトの作成

プロジェクトの作成

CADデータの読込が開始されてプロジェクトが生成されます。
【見積り条件指定を続ける】をクリックしてパーツビューを開きます。

パーツビューを開く

パーツビューを開く

パーツビューを開いて、見積条件の確認・変更を行います。
パーツ名をクリックして下さい。

※プロジェクトにパーツが一つしかない場合、この手順はスキップされます。

見積条件を変更する

見積条件を変更する

見積条件を変更する

パーツビューには基本情報とツリービューの2つのタブがあります。

基本情報タブでは見積数量、材料情報の変更、ツリービューでは穴情報の変更が行えます。

見積数量を指定する

見積数量を指定する

数量をプルダウンから選択して、ご希望の見積数量へ変更ができます。

材質・表面処理を選択する

材質・表面処理を選択する

材質・表面処理をプルダウンから選択して、ご希望の材質・表面処理へ変更ができます。

穴情報を変更する

穴情報を変更する

3Dビューワーまたはツリービューで対象穴をダブルクリックするとダイアログが立ち上がり、穴径によってはご希望の穴種へ変更ができます。

※お客様がご使用されているCADによって穴種の認識が異なる場
合がございます。穴種は3Dビューワーまたはツリービュー上で
必ずご確認ください。

見積結果を確認する・注文する

パーツビューに最初から表示されている見積価格は、初期の見積条件に従ったものです。見積条件を設定・変更した場合、改めて見積結果を取得する必要があります。

変更内容を見積に反映させる

変更内容を見積に反映させる

”見積をする”をクリックすると、変更内容が見積結果に反映されて
確認が行えます。

見積を確定させる

見積を確定させる

見積内容が宜しければ、”見積を確定する”をクリックして見積情報を確定させてください。

meviyまたはWOSで注文する

meviyまたはWOSで注文する

見積が確定されると、商品型番と出荷日(及び実働日)、見積パーツの合計金額が表示されます。
ご注文の際は”注文へ進む”をクリックして下さい。
またはMISUMI-VONAのWOSで型番入力をして下さい。

曲げ部の板厚を自動修正する

板金部品のモデルは板厚を均一として設計します。曲げ部の内R・外Rのバランス次第で板厚が不均一となってしまうと、自動見積は行えません。ただし、このようなケースでは曲げ部のRを自動修正する機能をご使用いただけます。こちらで使用例をご紹介します。

※ 修正したモデルは新たなプロジェクトとして作成されますので、元のプロジェクトはそのまま保持されます。

曲げ部の板厚を自動修正する

曲げ部で板厚不均一が検出されると、ツリービューに”モデルを修正する”が表示されます。
こちらをダブルクリックするか、自動でポップアップする次のダイアログから、モデル修正を行います。

曲げ部の板厚を自動修正する

”はい”を選択すると、自動修正されたモデルで新たなプロジェクトが元のプロジェクトと同じ場所に作成されます。

曲げ部の板厚を自動修正する

自動修正されたプロジェクトは、「fixed_”元のプロジェクトの初期名称”」 で作成されます。こちらのモデルを開きます。

曲げ部の板厚を自動修正する

パーツの情報や、板厚規格外が修正されたことを確認しましたら、あらためて見積条件の設定から進めてください。

※注意)パーツの板厚や形状によっては、自動修正が行えない場合がございます。その場合、設計ガイドラインに従ってCADによる3Dモデル修正をご検討ください。

3Dビューワーについて

3Dビューワーについて

パーツビューでは、3Dビューワーを使用することで見積もり中のパーツのモデルを確認できます。 表示内容は、設定で変更することができます。

PMI
PMI とは、寸法や穴のテキスト情報を指します
これらの PMI の表示位置はドラッグ&ドロップで自由に移動可能です。

ツールバー
フォントサイズの変更、画面キャプチャ等、便利機能を搭載しています次項で詳細を解説しています。

表示設定
***アイコンをマウスでポイントすると表示設定のメニューが開きます。
3Dモデル形状の表示方法を変更したり、ビューワーのテキスト情報の 表示/非表示を切り替える事ができます。

ツールバーについて

ツールバーについて

①寸法追加、他関連機能
寸法が初期表示されていない箇所に、任意の寸法線を追加・削除できます。

②グループ穴分割
 アップロード後にデフォルトでグループ化された穴を分割できます。

③フォントサイズの変更
 3Dビューワーのフォントサイズを変更できます。

④画面キャプチャ
3Dビューワーを画面キャプチャした画像ファイルをダウンロードできます。 姿勢は3Dビューワーで見えている通りとなります。

⑤簡易2D図
3Dモデルの各方向のビューをキャプチャした上で、三角法で配置した画像 ファイルをダウンロードできます。

⑥体裁面を反転する
体裁面として指示する面を、反転させることができます。

①寸法追加、他関連機能

①寸法追加、他関連機能

寸法追加 を選択して、寸法が初期表示されていない箇所に、任意の寸法線を追加できます。

寸法追加のアイコンを選択したのち、穴の中心や面を2箇所選択して、任意の方向に寸法線を引き出してください。
再度クリックして場所を確定する事で、寸法線を追加できます。

※寸法保証範囲については、精度規格の許容寸法公差をご確認下さい。

寸法線を一括追加

寸法線一括追加 を選択して、寸法が初期表示されていない箇所に、寸法線を一括追加できます。

ダイアログが表示されたあとOKをクリックすることで、初期表示されていない寸法線が自動で引き出されます。

※ただし、当機能で斜め面への寸法追加は行えません。

PMI削除

PMI削除 を選択して、追加されたPMIを削除できます。

ダイアログが表示されたあと、削除したい寸法線(PMI)を選択すると寸法線が削除されます。

※お使いの環境によって、削除に若干のタイムラグが発生する場合があります。

また、ダイアログ内から「カスタムPMI」を選択した場合は、初期表示以外のすべてのPMIを一括で削除できます。

②グループ穴分割

②グループ穴分割

グループ穴分割を選択して、グループ穴の分割を行えます。

補足:グループ穴について
板金部品では同じ面上の同じ径・同じ種類の穴が自動的にグループ化されています。 見積もり中の設定で穴種変更(通し穴⇔タップ穴等)を行うと、グループ穴全体での 変更が行われます。グループでまとめられた穴群の一部だけを対象に穴種を変更 する場合は、事前に [グループ穴分割] を行う事でご対応頂けるようになります。

①グループ穴分割

(1) ツールバーのグループ穴分割を選択してから、分割するグループ穴を選択します。先にグループ穴を選択していた場合、この手順はスキップされます。

①グループ穴分割

(2) 対象のグループ穴が選択されたら、既存のグループから外したい穴を選択します。

※ 選択中のグループ穴は水色でハイライトされます。
※ 分割する対象として選択した穴は、青色でハイライトされます。

①グループ穴分割

(3) グループ分割のダイアログで【分割】を実施します。

①グループ穴分割

(4) 以下メッセージを確認後、【分割】を選択します。

①グループ穴分割

(5) 分割された穴を確認します。

この様にグループ穴を分割した後は、個別の穴単位でも穴種をご変更いただけます。

②フォントサイズ変更

②フォントサイズ変更

③フォントサイズ変更

フォントサイズ拡大/縮小を選択して、PMI 表示のフォントのサイズを変更出来ます。

サイズ値は 20~80pt を指定できます。

③画面キャプチャ

③画面キャプチャ

④画面キャプチャ

画面キャプチャを選択して、表示中のパーツビューの画像を保存できます。

アイコンを選択すると画像ファイルが自動でダウンロードされます。
画角や、PMI 位置、フォントサイズ等は、全て画面上の表示に従います。

④簡易2D図

④簡易2D図

⑤簡易2D図

板金部品は3Dモデルのみで見積もり・注文が行えますので、2D図面は不要であり自動で作成する事はございません。ただしご要望にお応えし、2D形状のキャプチャ画像を元にして、2D 図面形式で画像保存する機能を用意しております。

簡易2D図を選択すると3Dモデルの全ビュー方向からキャプチャを行います。

キャプチャ画像群を三角法で配置した、以下の様な画像ファイルが 自動でダウンロードされます。

⑥体裁面を反転する

⑥体裁面を反転する

⑥体裁面を反転する

体裁面を反転するを選択して、体裁面の指示方向を反転できます。

体裁面(濃いオレンジ)はデフォルトで認識された面となっています。
よって体裁面が意図と異なる場合には、反転させた上、見積の更新を行ってください。

※特にSUS304(片面#400研磨)では、研磨面が体裁面となります。

キーボード操作

機能・動作 キーボード操作
aaa寸法追加 w
aaa寸法一括追加 [Shift] + w
aaaPMI削除 d
グループ穴分割グループ穴分割 s
フォントサイズ拡大フォントサイズ拡大 [Alt] + ↑
フォントサイズ縮小フォントサイズ縮小 [Alt] + ↓
画面キャプチャ画面キャプチャ c
簡易2D図簡易2D図 [Shift] + c
画面にフィット [Ctrl] + f
アイソメ表示 [Ctrl] + i
パーツ表示拡大 [Ctrl] + ↑
パーツ表示縮小 [Ctrl] + ↓

パーツビュー画面にはショートカット機能が設けられております。キーボード操作だけで3D ビューワーの表示変更や、ツールバーの機能を使用することができます。

ご意見・ご要望はmeviyサポートまで!

  • 0120-343-626
  • サポート受付時間 月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~18:00