FA用メカニカル部品 材料情報 板金部品

材料情報 板金部品

材料特性

  • 画像

    SPCC

    一般プレス板金向けの冷間圧延鋼板です。
    寸法精度が高く、肌が美しいのが特徴で、一般的な標準板厚は0.2mm~3.2mmとなります。

  • 画像

    SPHC

    一般用及び絞り用の熱間圧延軟鋼板です。
    一般的な標準板厚は1.2mm~14mmで中厚板の製品でよく使用されます。

  • 画像

    SPCC(SPHC) 三価クロメート白

    環境に配慮された三価クロメートメッキ処理品です。
    青白い外観で、耐食性と美観に優れています。

  • 画像

    SPCC(SPHC) 三価クロメート黒

    環境に配慮された三価クロメートメッキ処理品です。
    黒色の表面で、耐食性が良好です。

  • 画像

    SPCC(SPHC) 四三酸化鉄皮膜

    通称、黒染めと呼ばれるメッキ処理品です。
    皮膜が薄く寸法変化が小さいことから精密機器部品によく使用されます。油分が切れると錆の進行が早まるため注意が必要です。

  • 画像

    SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)

    耐食性が良好なメッキ処理品です。
    表面処理鋼板の為、切断面にはメッキ処理がされませんが短納期で対応できます。表面はグレー色です。

  • 画像

    SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)

    建材にも使用され、高い耐食性を有しています。
    表面処理鋼板の為、切断面にはメッキ処理がされませんが短納期で対応できます。表面はシルバー色です。

  • 画像

    SUS304(2B)

    最も代表的なステンレス鋼です。耐食性、靭性、延性、加工性、溶接性に優れ、幅広い用途で使用されます。
    表面はやや光沢のある仕上げとなっています。

  • 画像

    SUS430(2B)

    フェライト系ステンレスの代表的な鋼種です。
    SUS304と比較して表面に光沢があり、磁性を有しているのが特徴です。

  • 画像

    A5052

    最も汎用的なアルミ合金です。
    耐食性・溶接性に優れており幅広い用途で使用されます。

  • 画像

    A5052 アルマイト白

    耐食性・耐摩耗性が良好なメッキ処理品です。
    表面はアルミ素材色となります。

  • 画像

    A5052 アルマイト黒

    耐食性・耐摩耗性が良好なメッキ処理品です。
    表面は黒色です。

外観仕上げ

画像

切断面

加工方法によって、切断面の外観は異なりますのでご留意ください。
(加工方法の指定はできません)

画像

塗装品の穴加工部

塗装時の吊り治具痕が残る場合があります。